住宅ローン!どんな種類があるの?

意外と知られていない住宅ローンの種類

マンションや一戸建てを購入する場合に多くの人は住宅ローンを組むことになりますが、人生でそうそう経験することではないだけに十分な情報を得ずに銀行や不動産業者に勧められるままに契約していることが多いようです。住宅ローンについては、変動金利と固定金利があるという程度の知識は多くの人が有していますが、それぞれについて詳しく理解しているかというと甚だ怪しい状況です。例えば、変動金利は文字通り契約時の金利が時期に応じて変動するものですが、その頻度については毎月ではなく基本的には5年ごとの見直しとなります。もっとも、その間まったく変動しないわけではなく、返済額は変わらないけれどもそのうちの金利の占める割合が変わることになるという仕組みです。

特に固定金利について理解すべき

固定金利については更に複雑で、一定期間固定タイプのものと全期間固定タイプのものが存在します。前者はローン期間のうち、当初の5年や10年間といった特定の期間の金利のみを固定するもので、その期間が終了する時点で改めて金利プランを選択することが可能です。後者は文字通り契約期間中の金利を固定するものですので、金利が変動するリスクはありませんが、そのぶん率が高めに設定されています。また、変動金利と固定金利の双方のメリットを生かす方法として両者を組み合わせたミックスという契約方法もあります。これは、借入金額を2つに分けて、それぞれ固定と変動の金利プランとするもので、固定金利よりも定率で変動金利よりもリスクを抑える手法として注目されています。