団体信用生命保険ってどんなもの?

万が一に備えて加入することをおすすめします

マイホームを建てる際に住宅ローンを借りる方がほとんどですが、この際には、団体信用生命保険に加入することをおすすめします。団体信用生命保険とは、住宅ローン専用の生命保険で、住宅ローンの借り入れ条件として団体信用生命保険の加入が条件になっている金融機関やローン会社もあります。団体信用生命保険に加入していれば、万が一、住宅ローンの債務者が死亡した場合に住宅ローンの残金を金融機関に支払ってくれるというものです。この為、一家の大黒柱が亡くなった場合でも、残された家族が路頭に迷うことがなくなるとてもよい保険になります。団体信用生命保険料金の支払いは、それほど高くないので住宅ローンを借りる際には加入することをおすすめします。

病気の際にも保証してくれます

団体信用生命保険の種類としては、実はいくつかあります。これは、保証内容によって違っています。団体信用生命保険は、基本的に死亡や高度障害のみ保証するものです。ところが最近は、三大疾病保証付きのものもあれば、七大疾病、八大疾病保証付きの団体信用生命保険も出てきています。七大疾病等に加入しておくとガンなどの病気の際にも、ローンの残高を保証してくれるので安心して治療に専念することができます。このように、手厚い保険体制ではあるのですが、それでもカバーできないリスクというのが存在します。それは、病気やけがで働けなくなってしまうというリスクです。こういったリスクに備えるためにも、ローンの返済とは別に、しっかりと貯金しておくことが重要になります。