自分はいくら借りられる?

獲得している年収によって融資額に違い

住宅ローンの利用を考えている方にとって、多くのお金を融資してもらう事ができれば、高額の住宅も購入可能です。しかし住宅ローンを行っている銀行によって、厳しい審査が実施されており、どのくらいの融資額になるのか異なっています。前年度の年収が多い方は、相応のお金を融資してもらえるので、目的の住宅を購入しやすくなります。
前年度の収入がかなり少ない方は何とか審査を通過できても多額の融資は厳しいです。一円でも多くの融資をしてもらいたい場合は、多くの年収を獲得した次の年に住宅ローンの申し込みをするのが大切です。それほどまでに前年度の年収が大きな影響を及ぼしているので、一生懸命仕事をしていき、お金を稼ぐ事が重要な部分になります。

職業や雇用形態も重要な判断基準

多額の年収を獲得できていても銀行によっては、少ない融資額になってしまう場合があります。要因として職業が関係しているケースが多く、毎月の収入が安定しにくい職業はこのような結果になりやすいです。公務員や会社員のような毎月の収入が安定しており、一定以上のお金を稼げる職業は、リスクの少ない人物として銀行に好印象を与えやすいです。
命の危険が発生している職業は融資事態を厳しく見られてしまい、審査を通過できない可能性も十分にあります。職業の問題をクリアする為には、少しでも好印象を与える職業に転職するのも一つの選択肢です。雇用形態はアルバイトやパートは厳しく、正社員がもっとも安心感を与える雇用形態になります。